FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Passport for Pangaea(角川NEXT賞最終選考作品)~第1章・12

「あの、ここは書かなくちゃいけませんか」
 レジの女性はサマーセーターをたたんで袋に入れているところだった。
「はい。お願いします」
 @虹の部屋で女子中学生を演じているように嘘を書くことにした。家の近くにある港陽中学校の名前を書き、申込書を渡した。レジの女性は営業スマイルを浮かべつづけている。
「ありがとうございました。一応、生徒手帳を見せていただけますか」
「えっ?」
「生徒手帳です」
「なんですか、それ」
 生徒手帳という物自体を知らなかった。純香が困惑したのを受けて、レジの女性も不審そうに眉根を寄せた。
「生徒手帳を知らないんですか」
「あっ……はい」
「持っていないだけじゃなくて?」
「実は、学校に通っていないんです」
「登校拒否ですか。それともご病気かなにかで」
「そうじゃなくて、学校に行かせてもらえなかったんです。小学校にも入学していません」
「はあ?」
 レジの女性はきょとんとしたあと、一瞬だけ、蔑みと憐れみを瞳に浮かべた。すぐに営業スマイルに戻ったものの、純香には女性の瞳の変化が辛く、悔しかった。
 サマーセーターの入った袋を押し返した。
「やっぱりいいです。ごめんなさい」
「あっ、どうされたんですか。学校に通っていないからって入会できないわけでは……」
「いいんです、もう」
「セーターはどうされます」
「買いません」
「『くまのプーさん』のグッズは」
「いいです」

テーマ : オリジナル小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL



プロフィール

asagiri

Author:asagiri
日本人の名前のルーツを探ることで日本の歴史を違う角度から見ることができます。家系図づくりをしている人・一族のルーツの探し方がわからない人・祖先の古いお墓がある人はもちろん、自分の名字・姓・氏の由来を知りたい人、家紋や戸籍謄本(除籍謄本)に興味がある人、先祖が武士か農民か知りたい人、珍名・奇名など珍しい苗字を探している人、明治時代好きの人も読んでみてくださいね。家族や親戚との話のネタにもなります。他人の名字でも起源を調べると面白いことがたくさん出てきますよ。調べ尽くしたら苗字研究家に転職できるかも? 苗字の歴史って楽しいです。異説・新情報がありましたら教えてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。