FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氏・姓・名字・苗字・3

 天皇家による一元支配は律令制度の整備で完成していくが、その一環として天武天皇は天武13年(684)に「八色の姓」という制度を制定した。複雑だった姓を偉い順に8種類(真人・朝臣・宿禰・忌寸・道師・臣・連・稲置)並べるものだった。甲子の宣の大氏・小氏・伴造氏の発展形で、旧来の氏族制度を改革し、新しい国家体制に即応できる官僚制構築のための政策だった。
 8姓のうち実際に賜ったのは真人・朝臣・宿禰・忌寸の上位4姓だけだった。臣・連の者から皇族に関係の深い者だけを選出して真人・朝臣・宿禰の姓を与え、皇族の地位を高めた。上級官人と下級官人の家柄を明確にするとともに、中央貴族と地方豪族をはっきり区別した。
 ただしすべての姓を当てはめず、古くからあった姓(臣・連・伴造・国造など)はそのまま残された。臣・連より上位の姓をつくることで旧来の氏族と差をつけようとしたのだろう。氏族の再編は進められ、朝臣52氏、宿禰50氏、忌寸11氏に収められた。
 大宝律令(701)で貴族の三位以上と四・五位の官位にともなう特権が明確にされ、対応する氏姓も一応完成した。地方豪族についても、大宝2年(702)、諸国国造の氏姓を政府に登録することで中央豪族と同様の対応がされた。8~9世紀に盛んに行われた改賜姓は、八色の姓で上級の氏姓にもれた下級身分の者や農民を主な対象とした。順位は、無姓→造・公・史・勝・村主・拘登→連となる。天武朝において氏上が八色の姓に改姓する前段階として、まず連へ改姓し、連=小錦位以上を基点として忌寸以上の4つの姓に改められたのと同様である。
 氏上である忌寸以上についても、補足的な氏姓の変更が行われている。春日から大春日、中臣から大中臣、宿禰から大宿禰などへ変更したため、氏姓の制はより緻密に浸透した。まず首位の昇叙があり、ついで連なる直系親族のみに氏姓の変更が行われたので、同族から有力な者が抽出される特徴があった。
 最初は順位化された姓に各氏族をあてはめて適宜昇格させようとした。しかし「源平藤橘」に代表される新しい氏族が軒並み八色の姓第2位の朝臣になったため、最終的には誰もが朝臣となり、姓なんかどうでもいいという風潮になってしまった。朝臣に集中したのは第1位の「真人」が皇族専用で継体天皇から数えて5世以内の氏に与えられたためである。
 律令制度には氏姓ではなく官位で地位を規定する方向性もあった。八色の姓には姓の簡素化によって権威や有用性を失墜させ、官位の価値を高める意図もあったようだ。このことも「姓なんかどうでもいい」という風潮を加速させた。
 9世紀に、摂関政治により藤原朝臣が最も有力となった。桓武天皇より平朝臣、清和天皇などから源朝臣の氏姓が生まれたように、諸皇子に氏姓を与える臣籍降下が盛んに行われた。このため律令的氏姓制度は人材登用制度としてはほとんど機能しなくなった。
 律令的戸籍制度も次第に行われなくなり、10世紀には地方豪族で実力を蓄えた者は有力な貴族の家人となり、その氏姓を侵すようになった。そのため天下の氏姓は源平藤橘か、紀・菅原・大江・中原・坂上・賀茂・小野・惟宗・清原などに集中した。家業の成立によって特定の家柄が固定されたためでもある。越前の敦賀氏や熱田大宮司家が藤原氏から養子を迎えて藤原朝臣を名乗ったり、それらの氏の女子を娶り母系によって藤原朝臣などの氏姓を称した例もある。
 その後も「源朝臣」というように氏と姓のセットを賜る形は保たれつづけたが、どんな場合でも朝臣は変わらないため、単なる決まりごととされた。結果、賜姓の本質は「源」などの氏と考えられるようになり、氏だけでも「姓」と呼ぶようになった。
 平安時代初期には「源平」が賜姓され、皇族を離脱して臣籍に降りる場合に「源」を賜姓するのが慣例となった。賜姓は皇籍離脱に限らず、外国人の帰化や「豊臣」のようなわけのわからないケースもある。
 中央貴族以外の庶民が経済力をつけ、文化レベルが上がると、庶民も自分の血統を主張しはじめた。氏姓は数多く存在するが鎌倉時代ごろから源平藤橘は高貴な血筋と看做され、血統がよくわからない者は4氏のどれかに結びつけた系図を捏造した。
 氏姓は子孫に受け継ぐもので、新たに賜姓されない限り変わらない。後世には目的があって氏姓を変える者が出てくるが、この場合には血統変更の手続きを踏んだ。羽柴秀吉が藤原を名乗ったときのように別の家系へ養子に入ったり、「実は誰々の落胤の末裔だとわかった」と言いだす場合もあった。

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL



プロフィール

asagiri

Author:asagiri
日本人の名前のルーツを探ることで日本の歴史を違う角度から見ることができます。家系図づくりをしている人・一族のルーツの探し方がわからない人・祖先の古いお墓がある人はもちろん、自分の名字・姓・氏の由来を知りたい人、家紋や戸籍謄本(除籍謄本)に興味がある人、先祖が武士か農民か知りたい人、珍名・奇名など珍しい苗字を探している人、明治時代好きの人も読んでみてくださいね。家族や親戚との話のネタにもなります。他人の名字でも起源を調べると面白いことがたくさん出てきますよ。調べ尽くしたら苗字研究家に転職できるかも? 苗字の歴史って楽しいです。異説・新情報がありましたら教えてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。