FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸籍・6

 昭和51年(1976)に戸籍簿の閲覧が禁止されたため、必要な情報は戸籍または除籍の謄本・抄本の交付によって得ることとなった。一定条件のもとで請求があれば、戸籍簿を管理している自治体(本籍地を所轄する自治体)が戸籍簿と同一の記録事項を公的証明書類として発行する。戸籍簿のコピーに自治体の長の公印が押印されたものが戸籍謄本で、戸籍簿に登録されている全員の記録事項が記載された。特定の一人のみを抽出して記載したものを戸籍抄本といった。
 平成6年(1994)に戸籍事務の電算化が始まり、コンピュータで戸籍を管理する自治体が徐々に増えた。電算化済み自治体は平成15年(2003)に37%、平成19年(2007)に70%だった。法務局の登記簿は登記印紙を財源として早期に電算化が完了したが、バブル経済崩壊もあって市町村の財源が不足したため、戸籍の電算化はあまり進んでいない。人口が多いほど費用がかかるため、政令指定都市は電算化していない場合が多い。政令指定都市は区ごとの電算化も可能とされている。戸籍謄本の身分事項【従前戸籍】には親の本籍が記載される。転籍歴は記載しない(戸籍事項・戸籍改製【改製事由】平成6年法務省令第51号附則第2条第1項による改製)。
 平成13年(2001)に仙台市で発生した自動車窃盗団による戸籍不実記載事件により内容訂正歴のある戸籍の再製を求める声が高まり、平成14年(2002)に不実記載があった戸籍をつくり直せるようになった。
 平成16年(2004)にオンラインでの戸籍手続を可能とする法改正等が実施され、システム構築のあたっての基準書「戸籍手続オンラインシステムの構築のための標準仕様書」が全国市町村に配布された。電算化した後、戸籍謄本に相当する証書は戸籍簿と同一の記録事項を出力印字し自治体の長の公印が押印された「全部事項証明書」に名称が変更になった。同様に戸籍抄本は「個人事項証明書」と名称変更された。
 戸籍は婚姻・離婚の届出や日本国旅券の発行を容易にするもので、行政事務において重要な役割をもっている。出生から死亡までの履歴が記録されているので、相続などの手続きにも利用される。
 戸籍簿には、一人もしくは二世代を最大とする複数人の生年月日・死亡年月日・性別・氏名・続柄(血縁関係)・婚姻歴・離婚歴・養子縁組歴・国籍の離脱などの情報が記載されており、戸籍の附票には現住所と転居履歴が記載されている。
 住民登録制度とは異なり、居住地は登録しないので日本国内外の居住には関係なく戸籍に登録されている。住民基本台帳制度との連携により、戸籍の附票を見れば転居の履歴が判明する。市町村名までの出生地は移記すべき事項と定められているので、転籍や分籍をしたあとの戸籍にも記載される。
 日本の戸籍には日本国籍を有する者のみが記載され、外国籍の者は日本国籍を持つ者の配偶者や父母としてしか記載されない。住民基本台帳には記載されているが戸籍には記載されていない者(住民票がある無戸籍者)も存在する。
 現行制度では外国人と結婚しない限り夫婦別姓が不可能なため、一方の者は旧姓を公的証明でつかえない。
 性同一性障害者は戸籍上の性別と生活上の性別が違う場合があるため、日常生活で提出する書類などでトラブルになることがあるが平成16年(2004)に性同一性障害特例法が施行されて徐々に解消されている。
 婚姻手続きをしていない女性が産んだ子は非嫡出子とされる。嫡出子に比べて相続分が不利になったり、就職や縁談で偏見をもって見られたりするため、婚外子差別問題として市民団体などが問題提起している。
 婚外子に対する「男・女」という続柄差別記載がプライバシー権の侵害であると判示され、平成16年(2004)11月1日以降の出生については、「長男・長女」式に記載した。それ以前に出生した婚外子については、除籍されていない現行の戸籍のみ、申し出によって更正するとした。当事者が申し出ても更正を拒否するなど、差別記載を温存する改正として批判されている。

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

環境大学新聞 企画 森の講座

苗字は明治以前の日本人は全て持っていました。
特段特別必要で無くまして家のの名前を言う事は神名を唱え呪う事でした。

葛野野菜を使った本場の大根焚と粕汁

コンビニの店先で硬貨を洗う事が流行った筈です。
源氏の言葉を知っていますか。
桃園親王(信濃守)家で在と言う事です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL



プロフィール

asagiri

Author:asagiri
日本人の名前のルーツを探ることで日本の歴史を違う角度から見ることができます。家系図づくりをしている人・一族のルーツの探し方がわからない人・祖先の古いお墓がある人はもちろん、自分の名字・姓・氏の由来を知りたい人、家紋や戸籍謄本(除籍謄本)に興味がある人、先祖が武士か農民か知りたい人、珍名・奇名など珍しい苗字を探している人、明治時代好きの人も読んでみてくださいね。家族や親戚との話のネタにもなります。他人の名字でも起源を調べると面白いことがたくさん出てきますよ。調べ尽くしたら苗字研究家に転職できるかも? 苗字の歴史って楽しいです。異説・新情報がありましたら教えてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。