FC2ブログ

伊藤氏のルーツ・6

 伊東氏の所領に奥州鞭指荘というものがある。しかし『荘園分布図』(上巻)に鞭指荘はない。『講座日本荘園史』によれば、特定はできないが鞭指荘は宮城県内としている。福島県郡山市近辺の荘園は安達庄・田村庄・小野保・石川庄であり、成立年は頼朝時代より古い。仙台近辺の荘園は南宮荘・田子庄・名取庄であり、鞭指はない。ただ、泰衡が奥州合戦で本陣を設営したところとして鞭楯あるいは鞭館という地名があり、鞭指とは国分原鞭楯(宮城県仙台市宮城野区つつじがおか榴ヶ岡)付近だろうと比定している書物が多く見られる。鞭崎八幡宮(滋賀県草津市矢橋町)の由緒にもあるように、頼朝は鞭の先一つで地名等を変えることができた。頼朝がツツジの枝で指差して鞭楯あるいは鞭館を鞭指之庄に変えたのではないだろうか。由緒ある土地の呼称を変更し恩賞として与えることは、新権力者の頼朝としては合理的なことといえる。
 『巌鷺山縁記』によると源頼朝は伊豆国の地頭の工藤氏を現在の青森県上北郡東北町に配したとされる。工藤氏はここに厨川城を築き、後に厨川氏(栗谷川)を名乗ったという。おそらく『荘園分布図』(上巻)にある七戸牧(駿馬の産地)だろう。奥州鞭指荘は七戸牧の可能性もある。
 工藤祐経が曾我兄弟に討たれたため、子の祐時と祐長は従来の所領にいづらくなったのではないか。そこで鞭指荘を担保に、国替えのような方法で祐長は安積に入植したのではないだろうか。そのために鞭指荘が行方不明になったという推定ではどうだろうか。
 青森県には工藤姓が実に多い。家の事情や将軍家との関わりのため祐時の長男だったが庶子となった祐朝は、伊豆を去って奥州(青森県南部地方)に下向したという。南部家の「三翁昔話」によれば、祐朝は工藤左衛門次郎(早川・早河次郎)と称して津軽に住み、祐朝の二男祐光(弟との説もあり)は三戸郡名久井(青森県三戸郡南部町)に住んだ。祐時が伊豆を去って奥州に下向したという説もあるが定かではない。
 祐光の孫の代には嫡子がおらず、孫娘が甲斐国の南部からやってきた南部次郎行長を養子に迎えた。以後、工藤氏は三戸城(青森県三戸郡三戸町梅内)の南部本家に仕え、三戸城の東に居城していたことから東氏を名乗ったという。
 津軽の史料によると、北条執権鎌倉幕府はどのような意図だったのか工藤氏を地頭代として田舎郡(青森県黒石市一帯、津軽地方北部・北東部)に派遣した。子孫は糠部郡に繁衍した。田舎郡に隣接していた平賀郡(津軽地方南部・南東部)には曽我氏を配した。ともに伊東一族である。
 南北朝の戦いでは、工藤氏・曽我氏がともに敵味方にわかれて戦い、宮方が勝利を収めた。祐経6代孫にあたる祐時嫡孫の工藤右衛門尉貞行は恩賞として山辺郡二想志郷・鼻和郡目谷郷・外ヶ浜野尻郷といった津軽の穀倉地帯の主要部分を賜り、津軽の有力武将になった。
 工藤貞行は根城(青森県八戸市根城)を本拠とする南部師行と仲がよく、師行とともに南朝に味方をした。貞行には男子がいなかったため、出陣のたびに財産を妻と娘に譲ると遺言した。
 貞行は長女の加伊寿御前に養子を取らず、加伊寿御前を師行の娘が産んだ南部信政に嫁がせた。工藤氏の血統は南部氏と統合され、南部氏は女系の工藤氏となった。
 北畠顕家が後醍醐天皇の皇子義良親王を奉じて足利尊氏討伐の軍をおこすと、南部師行とともに工藤貞行も南朝軍に従った。
 建武元年(1334)北畠顕家は陸奥国府で新しい支配体制を整え、手柄のあった武士に検断・奉行・国代(国司の代理)といった役職を与え、各地を支配させた。顕家は南部師行や多田貞綱に命じて津軽武家方の鎮定にあたらせた。和賀右衛門五郎(須々孫)が参陣して手柄をたて、津軽の降人の工藤左衛門次郎義村を須々孫氏が預かった(「津軽降人交名注進状」)。
 南朝は劣勢となり足利尊氏に押された。北畠顕家は延元3年(1338)正月、青野原の戦い(岐阜県大垣市)に勝ち、伊勢国・伊賀国・大和国を経て京都に入ろうとしたが般若坂の戦い(奈良県奈良市般若寺町)で敗れた。北畠顕家軍は河内国に逃げ、5月に工藤貞行や南部師行とともに和泉国の観音寺の陣から堺浦(堺市)の足利軍を攻めたが、高師直率いる大軍にはかなわなかった。北畠顕家は死に、工藤貞行と南部師行も顕家を守って討死した。青森の豪族工藤氏の本家の男系は絶えた。
 工藤貞行の津軽の領地・財産は遺言により加伊寿御前と貞行の妻の志蓮尼に相続された。志蓮尼は北朝側から黒石城を死守したが、戦後、領地を加伊寿御前の子の南部氏に譲った。

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ご指摘をいただき、恐縮です。
本サイトの内容は全体的にまだまだ調査不足なので、ご指摘を参考にしながら徐々に改善していきたいと思います。

またなにかありましたらご指導いただければ幸いです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL



プロフィール

asagiri

Author:asagiri
日本人の名前のルーツを探ることで日本の歴史を違う角度から見ることができます。家系図づくりをしている人・一族のルーツの探し方がわからない人・祖先の古いお墓がある人はもちろん、自分の名字・姓・氏の由来を知りたい人、家紋や戸籍謄本(除籍謄本)に興味がある人、先祖が武士か農民か知りたい人、珍名・奇名など珍しい苗字を探している人、明治時代好きの人も読んでみてくださいね。家族や親戚との話のネタにもなります。他人の名字でも起源を調べると面白いことがたくさん出てきますよ。調べ尽くしたら苗字研究家に転職できるかも? 苗字の歴史って楽しいです。異説・新情報がありましたら教えてください。