FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺院・4

 慶応4年(1868)3月13日から明治元年(1868)10月18日までに太政官布告・神祇官事務局達・太政官達などの神仏分離令が出された。正式には神仏判然令という。神仏習合の慣習を禁止し、神道と仏教、神社と寺院をはっきり区別させた。神体への仏像の使用禁止、神社から仏教的要素の払拭などが行われた。祭神の決定、寺院の廃合、僧侶の神職への転向、仏像・仏具の破壊、仏事の禁止などを急激に実施し、仏教寺院・仏像・経巻を破毀し僧尼など出家者や寺院が受けていた特権を廃した。一般に廃仏毀釈とも言われ、明治3年(1870)1月3日には詔書「大教宣布」が出された。大教宣布とは天皇に神格を与え、神道を国教と定めて、日本を祭政一致の国家とする国家方針を示すものだった。明治政府は神道を国家統合の基幹にしようと意図した。明治4年(1871)に明治政府は寺請制度も廃止した。
 神仏分離令や大教宣布は神道と仏教の分離が目的であり、仏教排斥は意図していなかったが、これをきっかけに全国で廃仏毀釈運動が起こり、各地の寺院や仏具が破壊された。地方の神官や国学者が扇動し、檀家制度のもとで寺院に搾取され、寺院が汚職の温床となっていたと感じていた民衆が加わった。国学の普及による神仏習合への不純視や政府主導による神道優位の風潮も影響した。
 一部の国学者主導のもと、仏教は外来の宗教とされ様々な特権をもっていた仏教勢力の財産や地位は剥奪された。明治政府は寺院諸法度によって禁止されていた僧侶の肉食・妻帯を「肉食妻帯勝手なるべし」とし、破戒により僧侶を還俗させようとした。僧侶の下に置かれていた神官の一部は廃仏毀釈運動を起こして寺院を破壊し、土地を接収する者もいた。僧侶のなかには神官や兵士になるものや寺院の土地や宝物を売り逃げる者もいた。華族の墓地も仏教方式から神道方式へと変更させられた。
 現在は国宝に指定されている興福寺の五重塔は2円(平成18年(2006)現在の価値で約5万円)で売りに出され薪にされようとしていた。大寺として広壮な伽藍を誇っていたと伝えられる内山永久寺(奈良県天理市杣之内町)は破壊しつくされた。
 平田篤胤派の国学や水戸学が盛んだった地域では特に仏教排斥が激しく、神道を国教化する運動へと結びつき、国家神道の発端ともなった。
 鋸山の日本寺(千葉県安房郡鋸南町元名184)には千五百羅漢像があるが、すべての仏像が破壊された。現在は修復されているが、羅漢像には破壊された傷跡が残っている。
 廃仏毀釈が徹底された薩摩藩では寺院1,616寺が廃され、2,966人の僧侶が還俗した。そのうちの3分の1は軍属となったため、寺領から没収された財産や人員が強兵に回されたとも言われる。
 廃仏毀釈は明治4年(1871)ごろに終熄したが、影響は大きかった。政府は神道国教化の下準備として神仏分離政策を行なったが、明治5年(1872)3月14日の神祇省廃止・教部省設置で頓挫し、神仏共同布教体制になった。
 寺院数は明治の廃仏毀釈も手伝って大正時代には70,000になった。
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術



プロフィール

asagiri

Author:asagiri
日本人の名前のルーツを探ることで日本の歴史を違う角度から見ることができます。家系図づくりをしている人・一族のルーツの探し方がわからない人・祖先の古いお墓がある人はもちろん、自分の名字・姓・氏の由来を知りたい人、家紋や戸籍謄本(除籍謄本)に興味がある人、先祖が武士か農民か知りたい人、珍名・奇名など珍しい苗字を探している人、明治時代好きの人も読んでみてくださいね。家族や親戚との話のネタにもなります。他人の名字でも起源を調べると面白いことがたくさん出てきますよ。調べ尽くしたら苗字研究家に転職できるかも? 苗字の歴史って楽しいです。異説・新情報がありましたら教えてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。