FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切敷川・2

 鴻沼用水路開削と同時に鴻沼の中央に鴻沼排水路が新削された。鴨川へ放水して干拓すると62haの鴻沼新田(高沼新田)が拓かれた。鴻沼川は鴻沼跡の中央を流れる悪水路となった。
 明治に入り、鴻沼用水路は水利組合に管理されたが、昭和30年代(1955~1964)になると周辺の宅地化に伴い灌漑目的が薄れた。鴻沼用水路の流域の農家で結成した2つの土地改良組合の連合である「鴻沼排水関係二ヶ土地改良区組合連合」が平成4年(1992)に解散し、平成11年(1999)には市へ移管された。
 鴻沼用水路西縁へ流入していた切敷川は治水のため昭和40年(1965)に鴻沼排水路へ接続し、鴻沼川となった。このためいまでも下流では鴻沼川、上流では切敷川と呼ばれている。現在のように整備される前の鴻沼川は大雨のたびに氾濫を繰り返していた。昭和50~60年代(1975~1989)には仮護岸と呼ばれる木材でつくられた小規模な土手が水路に設置された。
 鴻沼川は平成9年(1997)に一級河川に指定された。平成10年(1998)9月、台風5号により鴻沼川流域で3,775戸の浸水被害が発生した。平成10年度(1998年度)に旧浦和市・与野市域を「河川激甚災害対策特別緊急事業」に、平成11年度(1999年度)から旧大宮市域を「床上浸水対策特別緊急事業」に指定し、河道の改修・護岸の設置・鴨川への合流点から氷川橋までの河道の拡幅・流れを妨げる鴻沼川中流域の11の橋梁の撤去や改修などを緊急で進めた。
 鴻沼川流域は急激な都市化(流域の96%以上が市街地)が進行しているため、多発する都市型水害に悩まされてきた。現在、地下河川(流入出立抗を伴う延長1.5km、φ5.25mの暗渠)と調節池を伴う河川改修が計画されている。鴻沼川の歴史や新田開発については鴻沼資料館(埼玉県さいたま市桜区西堀4丁目1-4)で学ぶことができる。
 鴻沼川には様々な橋があるが、おおよそ2種類にわけることができる。
 (1)鴻沼橋などの旧橋梁:鴻沼川に架かる橋はこのタイプがほとんどだった。コンクリート製の欄干だが、改修が進みいくつかの橋が架け替えられた。
 (2)激甚対策事業で架け替えられた橋:上の宮橋・里見橋・中里橋・氷川橋などを除いて、茶色の欄干の橋に架け替えられ、竣工年月・橋名・橋名の読み・河川名が両端に記された。中流の鴻沼橋、下流のたがい橋・平川戸橋・新開橋は明治18年(1885)よりも前にいまの原形となる橋がすでに架けられていた。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術



プロフィール

asagiri

Author:asagiri
日本人の名前のルーツを探ることで日本の歴史を違う角度から見ることができます。家系図づくりをしている人・一族のルーツの探し方がわからない人・祖先の古いお墓がある人はもちろん、自分の名字・姓・氏の由来を知りたい人、家紋や戸籍謄本(除籍謄本)に興味がある人、先祖が武士か農民か知りたい人、珍名・奇名など珍しい苗字を探している人、明治時代好きの人も読んでみてくださいね。家族や親戚との話のネタにもなります。他人の名字でも起源を調べると面白いことがたくさん出てきますよ。調べ尽くしたら苗字研究家に転職できるかも? 苗字の歴史って楽しいです。異説・新情報がありましたら教えてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。